Player画像

下谷岬向 ヴァイオリン・ヴィオラ

東京音楽大学 音楽学科ヴァイオリン専攻 在学中

関東 PLATINUM

プロフィール:

下谷 岬向(シモタニミサキ)
京都府出身、2歳からヴァイオリンを始める。
第7回 関西弦楽コンクール 優良賞。第20回 同コンクール 優秀賞受賞。第28回 全日本ジュニアクラシックコンクール全国大会 審査委員賞、第29回同コンクール関西大会 銀賞(最高位)。第15回長江杯国際音楽コンクール 弦楽器部門 第3位。平成19年日本弦楽指導者協会 関西支部 四方恭子氏公開レッスン、翌年 Mihail Vaiman氏同公開レッスンを代表受講。平成24-26年 京都市ジュニアオーケストラ(スーパーヴァイザー : ‪広上淳一‬)に所属、「ラ・フォル・ジュルネ金沢2015」に出演。
平成24-27年 京都府向日市主催 「竹の径 かぐやの夕べ」ソロステージ出演。平成28年 第16回京都フランス音楽アカデミー・マスタークラスを受講。平成29年 ‪大谷康子‬指導による「東京音楽大学 アンサンブル・エンドレス」選抜メンバー。第1回大阪international音楽コンクール 弦楽器部門 第3位(1位なし)。葉加瀬アカデミー 認定コーチ。東京音楽大学付属高等学校卒業後、現在東京音楽大学に在籍。これまでに、田丸尚子、Mihail Vaiman、立石康子、浦川宜也、大谷康子、横山俊朗‬ 各氏に師事。
〈ヴィオラ〉
第21回 関西弦楽コンクールにて優秀賞を受賞。付属高校時代よりヴィオラ指導を受け、室内楽やオーケストラに参加。大学でも様々な室内楽、オーケストラ、レコーディング等で演奏活動を行う。これまでに、上田敏子、百武由紀 各氏に師事。
〈作曲・編曲〉
付属高校時代より 作曲編曲を始める。様々なアーティストライブのアレンジ、演奏活動を行なっている。これまでに、久田典子、藤原豊 各氏に師事。

事務局推薦文:

様々な場所で演奏されています。
実力ある音楽家さんです。